ストレッチポールで目の疲れを予防

ストレッチポールを使って目の疲れの予防!

 

ストレッチポールを使うと、目の疲れの予防もできます。

 

今回は、ストレッチポールを使ってできる目の疲れの予防をするストレッチを紹介していきます。

 

流し目のストレッチ

 

まずはリラックスしてください。

 

首を楽にして、ストレッチポールに乗って基本姿勢をとります。

 

 

このストレッチは、体ではなく目を動かすストレッチです。

 

右、左、右、左と左右交互にゆっくりと視線を動かしましょう。

 

視線の動きに伴って、首の筋肉も解れていきます。

 

 

次は、視線を下に動かしてみましょう。

 

そして、視線をまっすぐ前に戻して、また下に視線を動かします。

 

右、左、右、左、右、左、前、下、前、下と視線を動かしてください。

 

 

首倒しのストレッチ

 

基本姿勢から、左手を肩の高さくらいまで広げてみましょう。

 

無理のない姿勢を意識して、リラックスできるところを見つけましょう。

 

無理に高く上げることはしなくても大丈夫です。

 

手の方に首を傾けて、左肩と頭が少しくっつくようなイメージで、首を倒してください。

 

 

そのままの体勢で小さく頷いてみてください。

 

本当に小さな動きでも大丈夫です。

 

首の中の方で、筋肉が伸びたり縮んだりするのを感じるでしょう。

 

 

次は、顎を左右に小さく振るように、動かしてみてください。

 

小さく左右にふって、否定をするような動きをイメージしてください。

 

首がほぐれるまで、自分のペースで好きな方向をやってみてください。

 

その次は反対側もやってみてくださいね。

 

 

⇒ストレッチポールのご購入はこちらですよ!